Beeovita

下痢と胃腸障害と闘う:効果的な治療法と食事のヒント

下痢と胃腸障害と闘う:効果的な治療法と食事のヒント

下痢と胃腸障害

下痢は、頻繁な液体または水性の便を特徴とする消化管の疾患です。消化器系が食物から十分な水分やビタミンを吸収していないときに発生し、その結果、排便量が増加し、便の粘稠度が調整されます。時折起こる下痢は通常一時的なもので問題の原因ではありませんが、持続的または極度の下痢は健康上の問題を示唆しています。

胃腸障害は、胃、腸、および消化に関係する他の臓器に影響を与える症状で構成されます。これらの障害は、腹痛、膨満感、吐き気、嘔吐、下痢や便秘などの腸機能の変化などの兆候によって現れます。

下痢や胃腸の不調の一般的な原因には、ウイルスまたは細菌感染、食中毒、ひどい食事、食物不耐症または過敏反応、炎症性腸疾患(クローン病または潰瘍性大腸炎を含む)、過敏性腸症候群(IBS)、薬の副作用などが含まれます。ストレス。

下痢の症状と原因

腹痛、腹部膨満感、吐き気、そして時折発熱を伴う下痢は、中程度の短期間の症状から持続的で衰弱させる発作まで、その重症度はさまざまです。下痢の主な原因は次のとおりです。

  • 感染症: 胃腸管のウイルス、細菌、または寄生虫感染が急性下痢の主な原因です。ノロウイルス、ロタウイルス、サルモネラ菌、大腸菌などの病原体は、感染した食事や水、ひどい衛生環境、または感染した人間との濃厚接触を介して広がります。
  • 食事要因:辛い食材、乳製品(乳糖不耐症の人)、合成甘味料、カフェイン、アルコールなどの特定の食材や飲み物は、消化器系を悪化させ、人によっては下痢を引き起こします。
  • 薬物療法: 抗生物質、非ステロイド性抗炎症薬 (NSAID)、下剤、および一部の化学療法薬などは、腸内微生物の正常なバランスを乱したり、消化管を悪化させたりして、副作用として下痢を引き起こします。
  • 消化器疾患:過敏性腸症候群(IBS)、炎症性腸疾患(IBD)、セリアック病、乳糖不耐症などの胃腸管に影響を与える慢性疾患は、根底にある刺激、吸収不良、または過敏反応により下痢の繰り返しを引き起こします。
  • 旅行者下痢: 衛生状態が劣悪な地域や、食事や水の供給源が不慣れな地域に旅行すると、旅行者下痢と呼ばれる感染性下痢にかかる可能性が高くなります。

下痢に対する迅速な治療の重要性

下痢が未治療または長期にわたると、最終的には体が摂取する以上に余分な水分を失う脱水症状に陥ります。脱水症状は、特に乳児、幼児、高齢者、免疫力が低下している人々からなる脆弱な集団において、重篤な健康合併症を引き起こします。 。脱水症状には、極度の口の渇き、口渇、尿量の減少、暗色尿、脱力感、めまいが含まれ、極端な場合には混乱や失神も含まれます。脱水に伴う合併症を防ぐために、失われた水分と電解質を経口補水液や点滴で補う必要があります。

慢性的な下痢や持続的な胃腸症状も、必須栄養素を吸収する体の能力を損ない、栄養失調や体重減少につながります。栄養素やカロリーの摂取が不十分だと、免疫システムが弱まり、子供の成長と発達が損なわれ、現在の健康状態が損なわれます。

血液中のナトリウム、カリウム、マグネシウム濃度の低下など、電解質の不均衡は、長期にわたる下痢や嘔吐によって発生します。この場合の電解質は、体液バランス、筋肉機能、神経信号の伝達、および細胞全体の機能をサポートします。不均衡は筋肉のけいれん、脱力感、不整脈、疲労感を引き起こし、重篤な場合には不整脈や発作を引き起こします。

医療処置

下痢や胃腸障害の治療には、市販薬と処方薬による治療が含まれます。

市販薬(OTC)

  • 下痢止め薬:ロペラミドや次サリチル酸ビスマスなどの市販の下痢止め薬は、腸の動きを遅くし、排便回数を減らすことで症状を軽減します。これらの薬は、下痢に伴う腹痛や不快感も和らげます。
  • 制酸薬: 胃腸の不快感や胸焼けを経験している人には、炭酸カルシウム (タムス) や水酸化マグネシウム (マグネシアミルク) などの市販の制酸薬が胃酸を中和し、胃腸の炎症を和らげることで症状を和らげます。
  • 活性炭: 活性炭は吸収性の高い物質で、胃腸管内の毒素やその他の有害物質を結合し、血流への吸収を防ぎます。ガス、毒素、細菌を吸着することで作用し、下痢、ガス、膨満感などの症状を軽減します。活性炭は、食中毒、細菌感染、または毒素の摂取によって引き起こされる急性の下痢や胃腸障害の治療に一般的に使用されます。

カーボレビュア には、木炭と酵母という 2 つの天然物質が含まれており、その作用が互いに補い合います。木炭は汚染物質を結合し、酵母は腸内細菌叢を調節します。したがって、カルボレビュアは、下痢性疾患と闘い、腸内細菌叢を調節し正常化するために使用されます。医師の処方または薬剤師の推奨に従って、この薬は抗生物質療法中の腸疾患にも使用されます。

 
カーボレーヴル ケープ 大人用 30枚入

カーボレーヴル ケープ 大人用 30枚入

 
1556679

Carbolevure Cape Adults 30 pcs の特徴Anatomical Therapeutic Chemical (АТС): A07BA51保存温度 min/max 15/25 °C量パック: 30 個重量: 23g 長さ: 27mm 幅: 103mm 高さ: 46mm < p>Carbolevure Cape Adults 30 個をスイスからオンラインで購入..

36.91 USD

  • フミン酸:土壌および天然植物物質に由来する有機化合物。これらは免疫反応を調節し、炎症を軽減し、胃腸管の健康をサポートする能力を持っています。フミン酸には抗菌特性もあり、腸内での有害な細菌の増殖を抑制します。このように、フミン酸は、病原性微生物の繁殖を抑制しながら、有益な腸内細菌の増殖を促進します。

たとえば、フミン酸を含む ACTIVOMINキャップは 、体の汚染、下痢、胃腸疾患の治療(休日の下痢)に役立ちます。 Activomin® は、非特異的な下痢に作用し、腹痛、鼓腸、満腹感などの消化器症状を改善し、農薬などにさらされた人々の非生理学的物質による胃腸のストレスを軽減するカプセルの形の薬です。

 
アクチボミンケープ 60個

アクチボミンケープ 60個

 
3601160

体の汚染、下痢、胃腸病のアフターケアに役立ちます - 休日の下痢。 大要患者情報Activomin®ebi-pharm ag医療機器 アクティボミンとは何ですか?アクティボミンに含まれるフミン酸 WH67® は再吸収されません。それらは吸着作用があり、わずかに収れん効果があり、生物全体にプラスの特性を持つバクテリアの成長をサポートします. Activomin は、次の消化器症状に使用するためのカプセル状の医薬品です。非特異的な下痢に対する作用胃腸症状、例えば、腹痛、鼓腸、満腹感、気絶、膀胱癌による膀胱切除術の下痢などを術前および術後に改善します< /li>農薬などの非生理的物質にさらされた人の胃腸管のストレスを軽減します。何を考慮すべきですか? h2>2 時間以内にアクティボミンを使用しないでください フミン酸の結合特性がそれらの効果を損ない、相互作用が発生する可能性があるため、薬 (特にホルモン、化学療法薬) と栄養補助食品 (ビタミン、ミネラル) を服用してください。また、アクチボミンの効果が現れない場合や、まれに薬の効果が高まる場合があります。アクチボミンは便秘(閉塞)の緩和には適していないことに注意してください。 アクチボミンを服用してはいけない、または注意が必要な場合は?フミン酸に対する過敏症の場合. アクティボミンはどのように使用しますか?特に指定がない限り、以下の情報が適用されます。 いつ、どのようにアクティボミンを服用する必要がありますか?アクティボミンは、主に医師や自然療法医の推奨に基づいて、未開封のカプセルとして 6 歳以上のユーザーや患者に使用されます (セラピスト)と薬剤師。病院、診療所、外出先、または自宅で服用できます。 アクチボミンは、食事前、食事中、または食事後に、水やお茶などの十分な液体とともにカプセルとして噛まずに摂取することが好ましいです。必要に応じて、カプセルを開けて飲むこともでき、内容物を水やお茶に懸濁したり、食事の上に直接与えたりすることもできます.カプセルをできるだけ完全に空にすることが重要です。カプセルシェルは、フミン酸 WH67® の投与を容易にするためにのみ使用され、医療機器の意図された目的には影響しません。 プロバイオティクスとの組み合わせが可能です。 どのくらいの頻度で、どのくらいの期間、どのくらいの量でアクティボミンを服用する必要がありますか?術前: 成人は少なくとも 3×2 カプセルを服用することをお勧めします手術予定日の5日前。 症状が現れた場合 - 下痢/汚染物質への曝露:成人は最初の 10 日間、1 日 3 回 2 カプセルを服用することをお勧めします。その後、例えば、症状が治まるまで 1 カプセルを 1 日 3 回服用する必要があります (休憩なしで最大 20 日間)。6 歳以上のお子様には、1 カプセルを 3 回服用することをお勧めします。最初の 10 日間は 1 日。その後、例えば 1 カプセルを 1 日 3 回、症状が治まるまで (最大 20 日間) 服用する必要があります。 1~2×1カプセル。 使用上の注意体の反応を観察するための短い待機期間の後、治療を継続することができます 症状の繰り返しの発生は、個々の用量で繰り返すことができます。投与量は、それぞれのニーズに合わせて調整し、医師/セラピストと相談してください。 医療製品は、最大 30 日間継続して服用する必要があります (治癒)。その後、休憩をお勧めします。 アクティボミンを(意図的または偶発的に)過剰摂取した場合の対処法アクティボミンの過剰摂取は、非常にまれなケースですが、便秘につながる可能性があります。 アクチボミンを十分に服用していない場合、または飲み忘れた場合はどうすればよいですか?アクチボミンを飲み忘れた場合は、すぐに服用してください。あなたはそれについて考えることができます。その後、通常の時間にアクチボミンを服用してください。 アクティボミンにはどのような副作用がありますか?アクティボミンが敏感な人の便秘を増加させたり、便秘を引き起こしたりすることはほとんどありません.この危険性は、用量を減らすことで最小限に抑えることができます (例: アクチボミン/日を 1 × 1 カプセル)。便秘が生じた場合は、本品の使用を中止することで初期状態に戻すことができます。 ごくまれに、摂取が短期間の下痢の増加につながることも観察されています.これは、ストレスの多い要因を排除するという点で望ましい場合があります。下痢は、遅くとも 2 日後に治まるはずです。推奨用量の半分など、用量を減らすことで、非常にまれな初期の下痢を避けることができます。生産中止の場合は初期状態に戻ります。 他に考慮する必要があることは何ですか?医療機器の有効期限は、折りたたみ式の箱と内装 (ブリスター) に印刷されています。印刷された有効期限を過ぎてアクチボミンを使用しないでください。 アクティボミンを子供の手の届かないところに保管してください。 アクティボミンには何が含まれていますか?1 カプセルには、400 mg の天然フミン酸 WH67® が含まれています。 カプセルシェルは、天然クロロフィルで着色されたセルロースでできています。 追加情報: 保存料不使用、動物性原料不使用、ゼラチン、ラクトース、グルテン、ヨウ素、コレステロール不使用。糖尿病患者に適しています。 アクティボミンはどこで入手できますか? 60 個と 120 個の カプセルのパック 販売会社ebi-vital, 3038 Kirchlindach. 製造元Pharmawerk Weinböhla GmbH、D-01689 Weinböhla。 情報のステータス2016 年 2 月。この製品は CE マークを取得しています。これにより、ヨーロッパの安全基準が満たされていることが保証されます。 ..

87.13 USD

処方薬

  • 抗生物質:下痢を引き起こす細菌感染症の場合、症状の原因となっている根本的な細菌性病原体を標的として殺すために抗生物質が処方されます。抗生物質への耐性や感染症の再発を防ぐために、抗生物質を処方どおり正確に服用し、治療を最後まで完了することが重要です。
  • 制吐薬: オンダンセトロンやプロメタジンなどの処方制吐薬は、重度の下痢や胃腸障害に伴う吐き気や嘔吐を制御するために処方されます。

治療的アプローチ

  • プロバイオティクス: 十分な量を摂取すると健康上の利点をもたらす生きた微生物。これらの有益な細菌は、腸内微生物叢のバランスを回復し、胃腸の健康を促進し、消化を改善するのに役立ちます。胃腸の機能をサポートし、下痢や消化器系の不快感の症状を軽減するには、プロバイオティクスのサプリメントや、ヨーグルト、ケフィア、キムチなどのプロバイオティクスを含む発酵食品を摂取することをお勧めします。

下痢や胃腸障害のある人の食事

下痢や胃腸障害の管理には、食事を調整し、腸の健康を保つためのデトックス食に従うことが含まれます。これにより、症状が軽減され、胃腸の健康が促進されます。

  • 避けるべき食品: 繊維を多く含む食品は避けてください。全粒穀物、生野菜、皮や種のある果物は下痢や胃腸障害を悪化させます。これらの食品を避けると、腸の炎症や排便回数が減ります。また、牛乳、チーズ、ヨーグルト、その他の乳製品を避けるか、乳糖を含まない代替品を選択してください。避けるべき食品には、消化が難しく胃腸症状を悪化させる脂肪分の多い食品も含まれます。
  • 症状を緩和する食品: バナナ、米、アップルソース、トーストは、BRAT ダイエット中の便を硬くし、消化不良を和らげる味気のない低繊維食品です。皮のない鶏肉、魚、豆腐、卵などの脂肪分の少ないタンパク質も食事に取り入れてください。これらのタンパク質は脂肪の多い肉よりも消化されやすく、筋肉量とエネルギーレベルをサポートします。ニンジン、ズッキーニ、ほうれん草などの蒸したり調理した野菜は、生の野菜に比べて消化器系に優しいです。野菜を調理すると繊維が分解され、消化されやすくなります。

免責事項: この記事は下痢と胃腸疾患の治療について論じたものであり、専門的な医学的アドバイスに代わるものではありません。栄養ニーズや病気はさまざまであり、ある人に効果がある方法が他の人にも効果があるとは限りません。特に病状がある場合や薬を服用している場合は、食事や治療計画を変更する前に医療専門家に相談することが重要です。

R. ケーザー

ショウガの不思議: 消化​​促進から免疫強化まで 27/05/2024

ショウガの不思議: 消化​​促進から免疫強化まで

ショウガのさまざまな利点は、消化の促進から免疫システムの強化まで多岐にわたります。...

続きを読む
断食の背後にある科学とその健康上の利点 24/05/2024

断食の背後にある科学とその健康上の利点

断食の秘密と、健康と幸福に対するその多くの利点。...

続きを読む
オメガ 6 脂肪酸とオメガ 3 脂肪酸: 適切なバランスを見つける 22/05/2024

オメガ 6 脂肪酸とオメガ 3 脂肪酸: 適切なバランスを見つける

オメガ 6 脂肪酸とオメガ 3 脂肪酸の違いと、健康のために最適なバランスを実現する方法について学びましょう。......

続きを読む
季節性アレルギーを自然に予防するための究極のガイド 20/05/2024

季節性アレルギーを自然に予防するための究極のガイド

季節性アレルギーを防ぐ自然な戦略!一年を通してアレルギーのない季節を楽しむための効果的なヒントと治療法。......

続きを読む
身体活動と精神的健康の関係 16/05/2024

身体活動と精神的健康の関係

身体活動と精神的健康の間の強力なつながり。最新の記事では、運動がどのように気分を高め、ストレスを軽減し、全体的な幸福感を高めることができるかについて説明します。......

続きを読む
環境に優しいパーソナルケア製品: あなたにも地球にも優しい 22/04/2024

環境に優しいパーソナルケア製品: あなたにも地球にも優しい

環境に優しい個人用衛生製品は、あなた自身と地球にとってメリットがあります。グリーンな選択が環境への影響を軽減しながら、どのように幸福を向上させることができるか。......

続きを読む
ニキビができやすい肌のためのナチュラルスキンケアソリューション 17/04/2024

ニキビができやすい肌のためのナチュラルスキンケアソリューション

透明で輝く肌のための自然なニキビ肌スキンケア。ニキビを総合的に治療するための効果的な手段とヒントを学びましょう。......

続きを読む
睡眠の質を高めるための自然療法 12/04/2024

睡眠の質を高めるための自然療法

睡眠の質を向上させる自然療法。ハーブティーからエッセンシャルオイルまで、自然にぐっすり眠る方法を見つけてください。......

続きを読む
キヌアの栄養力: 完全なタンパク質源 01/04/2024

キヌアの栄養力: 完全なタンパク質源

必須アミノ酸、繊維、ビタミン、ミネラルが詰まった完全なタンパク質源であるスーパーフードであるキヌアの健康上の利点。......

続きを読む
鉄分ソリューション: 鉄欠乏症状の効果的な治療法 29/03/2024

鉄分ソリューション: 鉄欠乏症状の効果的な治療法

鉄溶液を使用した鉄欠乏症状の効果的な治療。鉄欠乏を解消し、全体的な健康状態を改善する方法を学びましょう。......

続きを読む
Beeovita
Huebacher 36
8153 Rümlang
Switzerland
Free
expert advice